一般市民の日常生活を支える生活関連型産業

国民の生活に密着する「生活関連型産業」

「生活関連型産業」とは、製造業の中でも、素材型産業や加工組立産業に分類されず、主に市民の日常生活に密着する製品を製造する産業のことです。
例えば食料品メーカーのインスタント、冷凍食品や、町のお弁当屋やレストランといった、市民が毎日、直接食べることになる食料品。
またタバコなどの嗜好品。衣料品、木製の箸や食器などの日用品を製造する産業になります。

主に食材や布地、木材などの素材を加工して、市民が日常的に消費する食材や雑貨などを製造することからそう呼ばれます。
基本的に、素材型産業や加工組立産業のような大規模な設備や会社組織を必要としないため、個人営業の業者も多く、産業分類の中でも、一般市民にもっとも身近なものといえます。

生活関連型産業のメリットとデメリット

生活関連型産業のメリットとして、加工食品などの大手メーカーも存在する一方で、特に大規模な設備などが必要なく、個人経営に近い営業も可能なことです。
そして消費者が直接手にとって選ぶ品が多いため、消費者である一般市民の嗜好が反映される点も特徴です。
そのため例えば食品の味付けや衣料品、雑貨のデザインなど、ターゲット層の嗜好にマッチした商品を送り出すことで、競合製品と差別化でき、人気商品化や安定した売り上げが見込めるといった点です。
個人経営に近い営業であれば、個人のセンス次第によって、独自の個性を打ち出すことも可能になります。
デメリットとしては、競合者が多いために、常に製品を差別化する工夫や、特徴を周知するための宣伝が必要になる点です。


▲ TOPへ戻る