もはや3Kではない!製造業の種類とメリット、デメリット解説

素材型産業とは、さまざまな原料から、鉄鋼やそれ以外の金属、プラスチックなどの化学製品、石油、石炭などの燃料といった、大本の素材を作り出す産業です。 いわばあらゆる産業の根幹となる産業になります。 ここではその詳細とメリット、デメリットを解説します。

日本の産業の中核である加工組立型産業

加工組立型産業とは、素材型産業によって作られた金属やプラスチックから加工して製品に仕上げる。 さらに、そうやってできた製品を組み立てて、家電製品や自動車などを完成させると製造業です。 ここではその産業としての詳細とメリット、デメリットを解説します。

一般市民の日常生活を支える生活関連型産業

生活関連型産業とは、産業の中でも、素材型産業、加工組立型産業に該当しないものを指します。 食材から人が直接食べる食料品を生産する。素材から衣料品や日用雑貨の制作など。一般市民が日々の生活で使う品を生産する製造業です。 その詳細とメリット、デメリットを解説します。

あらゆる産業の根幹になるものを製造する素材型産業

製造業といえば、一昔前までは工場での単純作業、肉体労働といったイメージが強く、若者が敬遠する「きつい」「汚い」「危険」の頭文字を合わせた「3K労働」の代表のようにも言われていました。
しかし近年では、設備のIT化やコンフライアンスの遵守により、製造現場でも厳しい肉体労働や危険な作業などは排除されています。
場合によってはデスクワーク主体のサラリーマンより肉体的には楽な仕事となり、より稼げるといったケースも珍しくありません。

といって必ずしも作業内容が単純というわけではなく、現在でも高度な職人技的な技術が求められる場も珍しくありません。
高度な技術が必要だからこそそれに応じた報酬も出るのです。
逆に言えばいまや製造業の多くは、高い技術が必要な専門職になりつつあるといってもいいでしょう。

ここでは製造業を「素材型」「加工組立型」「生活関連型」の三種類に分類して紹介します。
製造業というと、大規模な工場で金属や大型機器を制作するといったイメージが強くなりますが、それだけではなく、実は意外な仕事も製造業に分類されるのです。
そんな各製造業の種類や、それぞれの製造業におけるメリット、デメリットについても解説していきます。

この記事を読めば、製造業に古いイメージを持っている人にも、最新の製造業の現場がわかり、イメージが一新されることでしょう。
今後、就職を控えている若い人や、転職を考えている人にも、参考になる情報が多々あると思われます。

▲ TOPへ戻る